コピー機のリースとレンタル

コピー機はオフィスにとって不可欠の製品であり、さまざまな文書を同時に複数作成する上ではこれほどの威力を発揮するものはありません。

しかしメーカーの言い値で最新機種を購入してしまっては、なかなか経済的な負担が大きすぎて、将来的にも経営を圧迫する要素にもなりかねないところがネックです。そうはいっても仕事柄最新の機種を導入しなければならない場合には、リースやレンタルなどの新規購入と比較して初期費用が少ない方法を選ぶのがよいといえます。

リースとレンタルは似ている部分と違う部分がありますので、利用する目的などにあわせて使い分けをするのが得策です。いずれの場合も導入した会社には、契約期間中は所有権が移らず、いわば他人の持ち物を借りて使っている状態と考えられます。したがって大きな改変をしたり、勝手に処分してしまったりすることはできませんが、そのほかは自社所有の場合とほとんど変わりなく使用できます。リースは比較的長期間の使用の場合に向いているとされています。

リースはコピー機の機種やメーカーを自由に選べるのが普通であり、料金もかなり安くなっていますが、契約にともなって事前に審査を受ける必要があるほか、契約期間中に解約はできず、できたとしても違約金をとられてしまうおそれがあるのがネックです。レンタル場合は短期の利用が比較的多いものの、リースと同様に長期間にわたって利用することも制度上は可能です。レンタルも取り扱っている会社により異なるものの、最近の機種が使える場合が多いほか、メンテナンスなどもすべて込みのサービスとなっています。コピー機を一日単位から使うことができ、リースと違って途中で解約ができるのもメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *