コピー機をレンタルして利用する

コピー機をレンタルして借りて利用することは、特に企業にとってはいろいろなメリットがあり、同じく借りて利用することであるリースとともに、自前で購入することよりもむしろ一般的に利用されています。

この点、よほどの理由がない限りコピー機など自前で購入して使うことになる家庭用とは話が全く異なります。レンタルのメリットはやはりお金の問題というか経理の問題になるでしょう。購入すると一括で大きなお金を用意しなければなりませんが、借りる場合は月々わずかな金額で利用できます。また、家庭ではなく企業だからこそ当てはまることとして、経理処理の問題があります。

購入してしまうとそのコピー機は企業の資産となり、固定資産税がかかります。また、減価償却という手続きも必要になってきます。一方でレンタルであれば借り物なのですから企業の資産にはなりません。さらに、月々の費用はまさに企業の必要経費として計上することができ、その分利益を圧縮して納める税金を少なくすることにもつながります。

また、購入すると故障時や不具合発生時のメンテナンスは自分たちの責任となります。もちろん外部に依頼することは可能ですが、別料金になるのは当然です。ところが借りて使っている場合、一般的な利用における故障の修理などはコピー機のレンタル料金に含まれていることが普通で、何かあってもすぐにサービスマンが駆けつけてくれることになります。これも仕事の上では大きなメリットでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *