コピー機をリースするときは

文章の電子化などが進む現代ですが、事業を起こすに当たってコピー機はやはり必要なものです。

オフィスで使用する場合、購入するという方法以外にレンタルやリース契約を行うという方法があります。出来るだけ新しい機種の製品を会社に導入したいのであれば、リース契約がおすすめです。基本的に新品のコピー機を利用する事が出来るので、不便さを感じる事も少ないでしょう。新品の製品を一括購入するより経費は安くなるので、まとまった金額の出費を抑えたい場合に有効な方法です。

さらに保守契約も結ぶ必要があります。印刷枚数に応じた料金が定期的に請求されるので、比較的コスト対策がしやすいのがメリットと言えます。リース契約の際に同時に保守契約を結ぶという形式が一般的で、その場合価格などについて交渉がしやすくなるというポイントもあります。諸経費をどこに記載するかという問題は、なかなか難しいものです。コピー機のリース契約の場合は、基本的に全て経費として記載することが可能となり煩わしさがありません。

自社にありながら資産として計上する必要もないのです。税務上も損費扱いになるので、経理処理の面倒な部分がないのは嬉しいところと言えるでしょう。会社によっては、リース契約パッケージプランをあらかじめ用意していることもあり、より手頃な価格で利用する事が可能です。ランニングコストを抑えたいときには、非常に助かるプランとなります。事前に複数の会社のプランを比較、検討する事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *