コピー機リースの相場

オフィスでコピー機を導入する場合、リースするのが一般的です。

最大のメリットと言えるのが、初期コストが抑えられることです。新規購入する場合、100万円程度かかり、オプションを装着するとさらに金額は高くなります。リースなら月払いになるのが一般的で、初期費用がかからないことも多いです。一時的な負担がないのは、導入時には助かります。コピー機は使用している間、メンテナンス料がかかります。

コピー機のトラブルは少なくないので、サポートは不可欠だと言えます。リースの場合、メンテナンス料が含まれているため、別途請求されることがありません。トラブルが発生しても迅速に対応してもらえるので安心です。コピー機リースを行っている会社は数多くあります。適切な金額で導入するためにも、相場を知っておくことは重要です。リース料金は印刷速度に依存していることが多いです。当然、印刷速度が速いハイスペックな機種ほど高くなります。

予算が十分にある場合を除けば、利用用途にあった印刷速度のものを選ぶべきです。月額料金の目安としては、20枚機で11000円・30枚機で17000円・40枚機で20000円・50枚機で22000円程度となっています。月額料金にばかり目がいきがちですが、契約内容もしっかりと把握することが必要です。また、1枚あたりのカウンター料金もかかり、カラーの場合、20枚機で18円・30枚機で16円・40枚機で14円・50枚機で12円程度が目安です。モノクロの場合、20枚機で2円・30枚機で1.5円・40枚機で1.3円・50枚機で1.2円程度が目安となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *