コピー機のレンタルとリースは何が違うのか

企業でコピー機を導入する際に使われる方法にはレンタルだけでなく、買取りとリースというものもあります。

レンタルとリースの違いがよく分からないという意見も耳にしますが、所有権そのものはそれぞれ提供している会社にありますが、リースの場合は契約者は法人のみとなります。利用期間に関してもリースの場合は通常5年から7年程度で中途解約が不可となり、商品は新品のみを選ぶことができて初期費用は発生しません。

一方、レンタルの場合は契約者は個人と法人で、期間は数日から3年程度がほとんどですが、中途解約が可能で商品は会社が限定したものからしか選べず、さらに初期費用が発生します。両者ともに所有権が利用者にないため資産として扱われず、減価償却費や固定資産税の支払い事務処理が起きないという共通点がありますし、アフターサポートを受けることもできます。また、現金で買い取った場合や、ローンを組んで購入した場合と比較すると工学になってしまいますし、勝手にコピー機を売却したり、廃棄したりすることは禁止されています。

このようにコピー機のレンタルには、短期間から借りられていつでも解約ができること、減価償却費や固定資産税がかからず審査が不要という点がメリットして挙げられます。一方のリースは、毎月の支払金額が高い上にコピー機のモデルや機種の指定ができないことや、搬入や搬出の際の費用を負担しなければならないというデメリットがありますが、気軽に利用できるというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *