コピー機をリースで導入するメリット

コピー機を会社に導入したい人は3つの方法があります。

1つは普通に購入をするという方法です。分割払いをしたり、一括払いをして払っていきます。この方法が一番手っ取り早いのですが、最新のコピー機となると値段がかなり高く、100万円近くする物もあります。もう1つがレンタルで、これはレンタルサービスが受けられる企業に依頼して借りるという方法です。

契約をして毎月レンタル料を払っていく事になります。そして、最後にリースです。この方法はレンタルとほとんど変わりませんが、契約期間や途中解約が不可能という部分に違いがあるのです。また、自分でコピー機を選べるというメリットもあります。コピー機を導入する際には、リースがおすすめです。リースにはいくつかメリットがあり、それがかなり良いものとなっています。

1つはコピー機を自分で選べるという点です。最新の物からも選べるので、かなり幅広い商品の中から選べるというメリットがあるのです。また、レンタルとは違って初期費用(保証金と配送料、設置費用などの事)がかからないというメリットもありますので、よりコストを抑えて導入したい人はリースの方がおすすめです。しかし、リースには注意してほしい点があります。それが『途中解約が不可能』という点です。レンタルでは出来るのですが、こちらは出来ませんので、契約期間内は月額料金を払い続けなければいけません。その点は必ず注意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *