コピー機のリースに関して

コピー機は大変高価な機器であるため簡単に購入というわけにはなかなかいきません。

特に会社の立ち上げ時など諸費用がかかる際には必要不可欠な機器である半面、悩ましい問題でもあります。そこでコピー機にはリースプランを設定しているメーカーが多く、実際コピー機を購入するよりリース契約をしている企業がほとんどです。リース契約はレンタル契約より契約期間を長めに設定されていますが、機器を購入するよりは費用を抑えることができる上、サポート面も充実しています。

故障、メンテナンスの際はメーカーエンジニアが直接訪問し対応してくれる場合も多く安心して使用を続けることができます。購入の場合は資産となるため長い期間利用する、ある程度は自分たちでメンテナンスができる、などの場合は購入した方が最終的に安く済む可能性もありますが、修理不可能レベルの故障をしてしまった場合に保証期間外であれば大きな痛手にもなりかねません。

最悪の場合、短期間での機器入れ替えになってしまう可能性があるということも頭に入れておくべきですその点、リース契約であればメーカーがすべて対応してくれる上、機器の維持費用面の試算も容易であり安心です。また契約によっては決められた期間ごとに最新のコピー機に入れ替えてくれるプランがあることもあり、機能面でも安心して使い続けることができます。コピー機は大変高価な機器であるため購入、リース、レンタル等、それぞれ使用の用途、頻度に合わせ慎重に検討することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *