コピー機をリースで導入する注意点

レンタルよりも安く導入が出来てしかも初期費用もかからない、他にもリースが出来るコピー機を自分で選択が出来る、最新の物を選べるという利点もあります。

レンタルよりも優れている部分がありますので、こちらを使った方が得する事が多いのです。サービスを提供してくれる企業からコピー機を借りるという点では一緒ですが、細かい所で大きな違いがありますので、そこに注目しましょう。しかし、コピー機のリースにも注意点があります。それをしっかりと覚えておかなければ、落とし穴に落ちてしまう可能性がありますので、そうならない為にも覚えておきましょう。

リースは途中で契約を切る事が出来ません。つまり途中解約が出来ないものとなっているのです。もしも、5年契約をしておいて、1年で使わなくなったとしても、4年分は毎月払い続ける必要があります。無理矢理満額を払って契約を終わらせる事は出来ますが、かなりお金がかかってしまうので、あまりおすすめはしません。この点は注意しておきましょう。

リースは大体5年契約なので、5年間は使い続けるならば問題はありません。コピー機のリースには、レンタルにはないメリットがたくさんあります。しかし、デメリットもありますので、そこをきちんと知った上で利用をしましょう。途中解約が出来ないのは、会社にとってかなり痛手になってしまう可能性を秘めている仕様になっているので、契約年分は使い続ける事を確認してから結ぶと良いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *