コピー機の導入はリースがおすすめ

会社にコピー機を導入したいのならば、リースを利用してみてはいかがでしょうか。

レンタルよりも月額料金が安く、初期費用もかかりません。また、自分で機種を選ぶ事が出来ますので、最新の物から安くてそれなりの性能を持っている物まで選べます。レンタルの場合はレンタル会社が用意をするので選べないのです。このように、リースにはメリットが多いので、コピー機を導入したい人はこちらを利用してみてはいかがでしょうか。もちろん、リースでコピー機を借りた場合、レンタルと同じで所有権はリース会社の物となりますので、固定資産税の対象になりません。

節税の役にも立ちますので、会社運営としてのコスト削減が出来ます。しかし、おすすめが出来ると言っても良い所ばかりではありません。短所もありますので、そこをきちんと理解した上で利用をしましょう。その短所の1つが『途中解約が出来ない』という点です。レンタルは出来るのですが、途中解約が出来ませんので、契約した年数は月額料金を払い続ける事になります。ここは必ず確認をしておきましょう。

コピー機のリースは大体契約は5年間となっていますので、5年間は使い続ける気があるならば良いでしょう。他の短所には、導入するまでが遅いという点があります。審査もありますので、導入されるまでに時間がかかってしまうという短所もあります。ですが初期費用がなく、安くて最新の機種が導入出来るという長所があるので、その短所を取り消すほどの価値があると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *