コピー機のリースの注意点

コピー機の購入をするならば必要な多額の費用も、借りるならば毎月少額を払うだけで導入する事が可能です。

借り物でも最新の機種を使えば、大量の印刷が短時間で可能になりますので、仕事の効率もかなり上がるというわけです。リースで借りる場合は、会社ではなくて自分で欲しい機種を選ぶ事が出来ます。しかも新品なので、誰かが使った後の物を借りる事にはなりません。レンタルの場合は会社に勝手に決められますし、そもそも中古を借りるので、そこが気になる所です。コピー機のリースのメリットは自分が選んだ最新の機種を新品で借りられるだけではありません。

リース代を全て経費として計上が出来るというメリットもあります。諸経費の計算がしやすいという点を考えても優れているのです。しかも、所有しているのは自分ではありませんので、資産としては扱われません。これによって、固定資産税や減価償却費などの計算をする必要もなくなります。

経理の仕事が楽であるという点がありますので、ここも優れている点です。しかし、コピー機のリースは一つだけ欠点があります。それが、途中解約が出来ないという点です。これのデメリットは、途中でコピー機がいらなくなったとしても、お金を払い続けなければいけないという事です。もちろん、契約する期間を過ぎたら払わなくても良いですが、それまでは解約が出来ませんので、お金を毎月払い続ける必要があるのです。ここだけは注意しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *