コピー機をリース契約する時に気をつけるべき事

コピー機に限らずリース契約をしたものは原則として途中で解約をする事が出来ないので、契約する場合は慎重に検討する必要があります。

途中で使用しなくなった等の理由で解約が出来ないのは、最初に月に支払う金額と回数を決めて契約しているので、借りたお金を途中で返済放棄しているのと同じ理屈が当てはまるからです。

コピー機の場合でもリース会社による審査があり、ユーザーの信用性が低いと契約をして貰えない事もあります。途中解約が出来ない事のほかに月の支払い料金は、コピー機の場合ならリース料金に加えて保守料金が必要という部分です。保守料金というのはカウンター保守契約に基づくカウンター料金の事で、印刷枚数に応じて課金されます。

コピー機のリースではトナー料金や修理代金などをユーザーに請求しない関係で、印刷枚数によるカウンター料金を請求しています。この制度があるおかげで、頻繁に使用する会社の場合は修理頻度が増えるものの、一切コストがかからない部分が魅力です。トナー料金が請求されない点も減ったらすぐに交換できるので、仕事が止まるリスクも最小限ですみます。何でもかんでも無料にしてしまうと、コピー機を扱っているリース会社が損するので、印刷枚数に応じた料金を受け取るという仕組みになっています。印刷する枚数が極端に少ない場合は、修理やトナー交換も少ないので魅力があまり無いので、どういう契約が自分にとってふさわしいかをじっくり吟味する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *