コピー機のリース期間の満了後は非常にお得です

通常コピー機のリースと言えば、契約期間が5年程度が多く、期間終了後は同じコピー機を再リースするか返却の2択になります。

再リースを選択する場合、概ね一月分の料金で一年間借りる事が出来るので料金面では非常にお得です。支払い責任が終了している点と、相手側が十分に元が取れた点を考慮し、格安料金で使用できる設定になっています。料金面がお得なのはもちろんの事、新しいコピー機を入れ替える必要もなく同じ環境で仕事が出来る点も良い部分です。支払った部分のお金は戻ってきませんが、途中で解約する事が出来たり、反対に何度でも格安料金で更新が可能なので、契約期間の縛りが一切なくなります。

ただし最初の時に契約しているカウンター保守契約はそのまま生きているので、修理やトナー交換は今までどおり無料ですが、印刷料金は枚数に応じて請求される点は注意が必要です。コピー機のリース契約が終了している頃には新しい機種が多数登場していますし、今使用している機種も部品供給が終了してしまうと修理が不可能になるため、寿命まで使い切った段階で返却するしか方法がありません。

部品供給が終了する最後の数年は格安料金で使用できますし、返却後は別のコピー機で再度のリース契約を結ぶ事も可能です。一度きちんと支払ってる実績があれば、信用がある事から審査が通りやすいですし、カウンター保守契約が値引きしてくれる可能性もあるので、期間終了後はどっちを選択してもメリットがあるように出来ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *