コピー機をリースするメリットと契約の仕組み

新規で購入しようとすると100万円程の高額な金額が必要になるコピー機ですが、希望する期間に合わせてリースをする方法があります。

初期費用を抑えられるなどの価格面から、多くの企業がコピー機をリースで導入しているのが現状です。契約の仕方や、導入するメリットを把握しておきましょう。.契約は、リース会社がユーザーに代わって購入した製品を一定の期間有料で貸出すシステムです。契約期間内に、リース代として購入代・固定資産税・維持費などを支払ってもらうため、期間中は途中解約できないことが一般的です。料金には、本体価格に加えて保守料金がかかります。

1ヶ月の料金は、10、000円~20、000円が平均相場です。機能や性能によって料金は変わるので、どれくらいの枚数を印刷するのか想定しておくことが重要といえます。また、カラーかモノクロかによっても料金が変わることも留意しておきましょう。.コピー機のリースには、いくつかのメリットがあります。基本的に新品のもののみ対象としているため、新品の機器を、購入するよりも格安で利用することが可能です。

最もポピュラーな契約方法は、契約時にカウンター保守契約を同時に結ぶ方法で、印刷枚数に応じて料金が請求されます。支払い期間が決まっていることで、コスト準備が対策しやすい点も利点でしょう。また、経理処理をする際に全額を経費扱いできるので、経理的負担が少なくなります。固定資産を所有する場合の減価償却の計算をする必要がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *