コピー機をリースで導入すると期間中も安心

最近では事務作業だけでなく、製造業や建設業の現場においても、パソコンやプリンターの設置は当たり前になってきました。

書類作成だけでなくファックスの送信やメールの利用など、現場においても事務的な作業を処理する必要があるからです。複合機の利用は事務作業を便利に進められるだけでなく、様々なコストカットも実現してくれます。コピー機をリース契約で導入する場合、必要な経費を簡単に算出することができます。

月額も経費で処理できますし、購入した場合より事務処理も簡単です。複合機は様々な部品が複雑に構成されて折り、使用しているとあらゆる不具合が起こります。本体の消耗品はメーカーとカウンター契約を結べば、部品交換などで費用が発生することはありません。コピー機をリースで使用するメリットには災害などの不慮の事故が発生した場合、期間中の残金の支払いが免除され、新たな機器を契約することができます。家財保険などでは一部適用されない災害等もありますが、期間中であれば機器の交換が保証されています。

複合機やコピー機をリース契約で利用するメリットは、期間が満了になると定期的に新しい機種を定期的に導入できることです。年月が経てば機械設備は古書も増えますが、定期的な入れ替えが可能になれば、新たな機能を装備した機種を使用することが可能になります。支払総額が現金購入よりも高額になるなどのデメリットもありますが、機器の故障で業務が滞ることを考えると、メリットのほうが大きくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *