コピー機をリースで契約する際のメリットを生かす

最新型のデジタル複合機はネットワークにも対応したプリンタやスキャナなどを装備していて、多機能で業務作業も効率よく行うことができます。

複合機やコピー機などの導入は、リース契約をすることが一般的です。高機能な複合機は性能もよい分高額で、一括で支払う場合には予算的に厳しいこともあります。

複合機は本体の金額とは別にカウンター契約が必要で、使用枚数に応じた費用が発生します。必要な経費を積算すると本体を一括で購入するメリットはほとんどありません。複合機やコピー機を導入する場合、リース契約をするメリットのひとつに、月額料金を経費として処理できることが挙げられます。機器の所有権は契約している会社のものになるため、契約期間中は一定の料金を支払うことで自由に使うことができます。

一定額支払うことで使用できるために、契約期間が終了すると、新たに最新型の機器を導入することも簡単に行えます。複合機の性能は事務処理に多大な影響を与えるために、妥協すると業務効率を大きく下げることになります。現在ではネットワーク環境が充実し、パソコンとの連携も当たり前のようになってきたので、機器の導入にもネットワークでの使用が必須となります。ネットワーク関連の機器は対応年数も短く、頻繁にアップグレードされます。対応するためには周辺機器も同時に検討する必要があります。コピー機をリースで導入する際には、周辺の環境なども考慮して、定期的に新しいシステムを検討することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *