コピー機のレンタルとリースのメリットとは

今やオフィスにはまず欠かせない製品となっているコピー機は、進化を遂げて複合機として多くのことができるようになっているのはご存知でしょうか。

FAXやスキャナーとしても活用でき、パソコンに文書などを素早く取り込んでそれをデータ化するなどといったことはもちろん、さらにスマホなどと連携することによって遠隔操作などもできるようになっています。スマホで撮った画像を複合機に送信して、それを印刷するということも可能なのです。しかしながらそのぶん一台あたりのコストも上がってきているというのが実情です。

導入するためにはそれなりにまとまった費用が必要になるのですが、そのような時活用できるのがコピー機のリースといったサービス。レンタルやリースの違いについては主に貸出期間の長さによって分けられています。3年未満の貸し出しであればレンタルであり、3年以上の長期的な貸出の場合はリースと呼ぶ傾向があります。

短期的な貸出であるレンタルの方が月々の負担は高くなりますが、新人研修やイベント事などといった、一時的コピー機が必要になるような時などに大変便利です。また導入の際に審査などがほとんどないため、すぐに設置をすることができるというのもレンタルの大きなメリットということが言えるでしょう。リースの場合であれば長期的な貸出になるため、月々の負担は軽くなるとは言え審査などがありしっかりと売上実績を示すことが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *