コピー機をリースにする事は

新しく会社を立ち上げたれば、初期投資に始まり色々な費用が発生します。

何かの事務所などを立ち上げたとすれば、そんな費用の事務用品の一つの中にコピー機は、ほぼ必須で入ってくるものの一つです。それを購入するとなれば決して安価とは言えず、コピー機は自社で購入した場合は、固定資産という形になるため減価償却で計算することとなる一方、リースの場合は、費用としての計上となり自社にあっても資産扱いにはならず経理的な理由なども考えると計上しやすいといえるでしょう。

さらに安価な月々のリース料で利用ができる為、まとまった資金を出さずに本来購入すればかなり高額となる新機種のコピー機でも使用することができます。ただし、リースを利用する上で誰でも利用することができるかと言えばそうではなく契約期間が数年になるため契約者のクレジット未払いがあったり、信用情報に傷があった場合、残念ながら契約ができないこともあるのです。

そういった時は、信用情報が回復するのを待てば契約することが可能になります。そしてリース期間(だいたい5年くらいが多いと言われてます。)は決まっており、原則、途中解約ができないため、何か新しいことが起こったとしても支払いが発生し続けてしまうので、大きな負荷となる可能性が出てきます。それでも、購入したコピー機と違って、処分する際は処分費も特にかからず、リース会社が引き取ってくれる便利な部分の多い契約方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *