コピー機のリースはこんなに魅力的

事業主を悩ませることの1つに、コピー機の導入費用をいかにして節約するかが挙げられます。

さらに、現場で働く労働者の業務の効率性についても検討しなければなりません。このバランスを重視したい事業主にお勧めの導入方法がリースです。この方法はコピー機を購入する場合に比べ、費用がかかるデメリットがあります。なぜなら、金利や手数料、諸費用などがリース料として加算されるからです。そのため、この方法を利用するとコピー機の本体価格×リース料率の料金を支払うことになります。

ただし、所有した場合に必要になる固定資産税の支払いが不要になること、発生した費用の全額が経費になるため経理の手間がかからないメリットを享受できます。一方、労働者の視点に立つと、コピー機はできるだけ便利な機能を備えており、なおかつ使いやすいマシンが好まれます。

業態によってはホッチキス留めができるステープル機能があると便利ですし、外回りが多い営業担当者にはファックスの自動転送やスキャンデータの送信ができる、メール転送機能があると業務が効率的になります。タッチパネルで直感的に操作できる使いやすいマシンも魅力的です。もちろん、印刷速度についても検討すべきです。リースを利用すれば、こうした便利で使いやすい機能を持ったマシンを手頃な月額料金で導入することが可能になります。現場の従業員の意見を反映させた機種を選定すれば、職場のモチベーションが上がることも間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *