コピー機のリースはこんなメリットも

コピー機の導入方法を購入にするか、リースにするかで悩む経営者は決して少なくありません。

それぞれメリットとデメリットがあるからです。コストだけに注目するのであれば、確かに購入の方が有利になるでしょう。しかし、コピー機のトラブルに悩むことなく、本業に集中して取り組めるという意味ではリースは最も有利な導入方法となります。費用が割高になる分、色々なサービスが付帯されるからです。固定資産税や動産保険などの料金が込みであるとともに、運搬費用が原則としてかからない点は大きなメリットと言えるでしょう。

コピー機を購入した場合、導入時の運搬費用はタダになることがしばしばあります。しかし、廃棄する際は無料とは限りません。撤去する際の運搬費用がかかり、廃棄にかかる費用も合わせて負担することになるのが基本です。また、自治体が決めたルールに則って処分しなければならず、色々と調査する手間もかかります。まだ使える状況であれば転売することが可能ですが、新たにこうした費用が発生する可能性がある点には十分注意が必要です。

さらに、コピー機をレンタルの方法で導入した場合は、レンタル費用とは別に搬入搬出費がかかります。導入時も撤去時も運搬や設定にかかる費用を支払わなければなりません。それに対し、リースを利用した場合は原則としてこれらの費用も込みです。別途で運搬や廃棄にかかるお金が発生する心配は無用です。コピー機の悩みは最小限に抑えたいという経営者には、リースは魅力的な導入方法になることは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *