CRMとはCustomerRelationshipManagementを省略したもので、日本語では顧客関係管理と呼ばれています。もともとは顧客に適切な対応を行い良好な関係を維持・構築することを指します。最近では効率的に顧客情報を管理するためのツールを指すのが一般的です。CRMとはビジネスに役立つツールであり、顧客などに関する情報を一元的に管理して効果的な営業活動を可能にします。

企業が効果的な営業活動を行うためには、顧客情報を組織全体で共有することが大切です。様々な情報を一元的に管理すれば、スタッフ個人の勘や経験に頼ることなく最適な営業活動を行うことができます。CRMとは様々な情報を一元的に管理するツールであり、スタッフ間や部署間での情報共有を可能にします。このツールを導入すると、それまで営業担当スタッフが独占的に保有していた情報を一元的に管理できます。

特定のスタッフだけが情報を保有していると、異動や退職による引き継ぎを効率的に行うことができません。また部署間で情報が共有されていないと、担当スタッフが不在の際のトラブルに対応できなくなってしまいます。このツールを使えば、引き継ぎの失敗を防ぎ様々なトラブルにも素早く柔軟な対応が可能になります。CRMには顧客との商談日程を自動的に調整する機能が備えてあり、何度も電話で確認する手間を省くことができます。

また顧客情報の分析も自動的に行なってくれるため、スタッフが表計算ソフトなどを使い自ら分析する必要がなくなります。CRMとはスタッフの負担を軽減して効果的な営業活動を行うために欠かせないツールです。CRMとはのことならこちら