効率的な業務の進行を支援する為に業務の自動化と、徹底した管理を行える支援ツールを導入するという企業は増えています。今までは担当者1人が全ての業務をこなしていたものも、分業化することでミスが減り担当者以外への共有もスムースに行うことが出来ます。顧客の適切な管理を支援するツールであるCRMは、多くの企業から注目を集めています。CRMとはCustomerRelationshipManagerのことで、顧客との関係性の管理のことを意味しています。

顧客の情報管理や関係の構築などを効率的かつ適切に管理することで、売上の拡大と収益性の向上が見込まれる手法です。このCRMとは機能面で、似ている支援ツールとしてSFAというものがあります。SFAはSalesForceAutomationの略で、営業支援システムのことを指しています。どちらも営業業務を支援するツールで機能的に似ている部分もありますが、支援ツールを使用する目的が違います。

SFAとは営業を支援するつまり業務の進捗状況や、顧客の状況を管理して営業活動を効率化させていくものです。CRMとは顧客との関係性の管理のことで、あくまでも顧客の情報や顧客のアプローチへの管理が主な使用目的です。どちらのシステムも営業活動を効率的に行えるようにするものであり、担当者以外の共有もスムーズになるメリットの多い支援ツールです。導入を検討中という人は、それぞれの支援ツールの特徴を良く理解してから導入をされてはいかがですか。