CRMとは、顧客との良好な関係を構築及び維持する施策のことを言います。また、顧客関係管理を行うツールやシステムのことを指すこともあります。いずれにしてもCRMとは顧客との良好な関係のために行うことを表しており、企業にとって大きなテーマにもなります。CRMのかなめになるのが顧客単位での情報管理です。

顧客の氏名、年齢、性別などの基本情報はもちろん、購入日や購買金額などの情報を管理します。それらは総合的に見ることによって、顧客全体の大まかなデータとしても確認することが出来ます。正確に分析することが出来れば、無駄のないマーケティングに繋がります。昨今では会員制をとっている企業も少なくありませんが、会員の情報も一括でまとめることが可能です。

CRMとは顧客のデータを管理するシステムですが、メール配信などのアプローチ手段も開拓することが出来ます。日本ではグローバル化の影響を受けたこともあり、徐々に有効なマーケティング手段が変わりつつあります。具体的に言うと、消費者が製品自体ではなく付属するサービスなどに注目するようになりました。それゆえに一度獲得した顧客をいかに逃さないかが重要となります。

会社が大きくなればなるほど、顧客管理が難しくなることもあります。全ての分析をエクセルなどで行うと相当な時間がかかってしまいます。そこでシステムを構築し、無駄なく分析できるようにしておくことが非常に重要となります。