CRMとは「CustomerRelationshipManagement」のことです。CRMとは日本語に訳すと、「顧客との関係を管理すること」という意味になります。日本語でCRMという言葉が使用される時には、2種類の意味があります。CRMとは、事業者と顧客が最適な関係性を維持するための管理の方法という意味もあります。

顧客情報などを管理することで、事業者はCRMをおこなっています。CRMには、顧客との関係を管理するために使用されるソフトウェアという意味もあります。こうしたソフトを利用することで、具体的に顧客との関係を管理している企業も多いです。このようなソフトを使用しなくても顧客との関係を管理することは可能ですが、専用のソフトを使用することで、より効率的な顧客との関係の管理ができることがメリットになっています。

こうしたソフトウェアを使用すれば、一人一人の顧客と良好な関係を築くための管理に必要となる、さまざまな機能を利用できます。顧客の詳細な情報もソフトを使用して管理することができ、名前や年齢・性別などの基本となる情報だけでなく、管理のために役立つより多くの情報も記録できます。顧客が商品を購入した記録などもCRMのソフトを使用すれば管理することが可能です。購入した商品の具体的な内容なども記録しておくことができ、購入した日時なども一緒に記録できます。

こうした記録をソフトにデータとして残しておくことで、顧客の管理をする時に役立ちます。