インターネットの普及により、最近では様々なビジネスモデルが記されるようになってきています。インターネットが普及する以前においては実現が不可能であったようなことができるようになったために、その特性を十分に活かしたシステム管理などが行われるようになってきました。そのようなものの一つに、CRMがあります。CRMとは、顧客の属性情報のみならず様々な購買胴体なども含め総合的にインターネットショップとの関係を管理するというものです。

そのような管理のシステムには、現代社会ですので様々なオートメーションが行われることになります。その一つにセールスに関するものがあります。SFAとは、このようなセールスに関するオートメーションのことを指します。営業活動にはいくつかの行動パターンがあるわけですが、そのメインとなるものは交渉相手との直接会って行う会議です。

これがセールスの基本ということになるわけですかそのような、そのような状況になるまでに様々な準備が必要となってきます。そのような中には、色々な情報の整理など類型化したものが存在します。そのような業務をオートメーション化することがSFAです。言い換えると、SFAとは営業業務のうちの類型化された仕事をオートメーション化するということです。

そのようなことを行うことにより、効率的な時間配分などが可能となります。CRMとSFAとは、このような意味で大変類似している関係になりますが、SFAはCRMの一部という風に考えることもできます。