SFAとは「SalesForceAutomation」の略称で、営業支援システムと呼ばれています。様々な機能があり、まず顧客情報を一元管理できます。社名・所在地・連絡先・担当者名・担当者の属性情報・取引履歴・問い合わせといった情報を一元管理できるので、重複セールスや引き継ぎのミスを防ぐことができます。また案件管理で各案件の進捗状況を見える化できるため、営業ノウハウを会社全体で蓄積するだけでなく、商談履歴や内容を分析して今後の営業展開に活用することが可能です。

もちろんスケジュール・タスク管理や見積書作成、集計・分析レポート、売上予測なども利用できます。そして「SFAとは何か?」を語る上で欠かせないのが、導入メリットです。最大のメリットとして、営業担当者がコア業務に集中できることが挙げられます。面倒な事務作業をすぐに処理できるので、多くの時間を顧客との丁寧なコミュニケーションや有望な顧客へのアプローチといったコア業務に使えるようになります。

しかもそれぞれの営業担当者の行動を記録することで業務プロセスのチェックが簡単になり、ボトルネックの発見や解消に役立てることができます。さらに、営業の再現性が高まることもメリットの一つです。蓄積された商談情報や案件情報を分析して成功確率の高いアプローチ方法を見つけ出せるので、個人の勘や経験に頼らない営業が可能となります。このようにSFAとは、現代の営業に不可欠なツールとなっています。