SFAとはいわゆる、営業支援システムのことを指します。しかし具体的にどのようなシステムなのかを把握しなければ、導入するべきではありません。営業支援システムの大きな役割のひとつは、営業の可視化です。SFAとは営業担当者が、それぞれの担当している仕事内容や商談の進み具合、達成率などを入力することで出来上がるシステムです。

営業担当の管理者は、SFAシステムを使用することでどの営業担当者がどの程度、仕事を行っているかが一目で把握出来るようになります。もし、上手に商談が進んでいるケースがあればもう一押しを、成績が伸びない場合はフォローやアドバイスを的確にピンポイントで行うことが出来るのです。SFAとは営業支援システムですが、ただ導入しただけでは営業にメリットは発生しません。営業担当者がデータを投入し、それらを分析した上で戦略を立てることで、SFA本来の強みを発揮するのです。

さらにSFAは、営業担当者の日常的な業務を楽にすることも出来ます。業務日報や進捗報告は、SFAのシステムが自動化しそのまま本社に送信することが可能です。こうすることで、わざわざ会社に戻って作業を行う必要がなくなります。SFAとはイレギュラーを発見しやすいツールでもあるので、トラブルが発生したときのフォローやカバーも早く行うことが可能です。

進捗が停止している案件や、値引き率があまりにも異常な案件を定期的にピックアップすることで、問題をあぶり出すことも出来ます。