CRMとは、顧客との関係を管理するために使われるツールのことです。大手の企業ではすでに導入されていて実績を上げています。中小企業でも多くの企業が利用していて、実績が出始めている頃です。導入することのメリットは、顧客の情報がリアルタイムで一元管理できる点です。

顧客との接点を大切にすることで、満足度を上げることができて、リピート率が高まります。マーケティングに多くの費用をかけられないことや営業のリソースに限りがあることを悩んでいるようなら、このツールは必要です。CRMとは情報管理ツールで、それ自体で何か結果を出せるものではありません。蓄積した情報を使って分析して活用することが重要です。

ここで使われる情報は顧客との接点に関するもので、商談の進捗や納品、請求などの時期や状態をリアルタイムで記録します。これらの状態管理が、現在の顧客との関係を確認する上で重要となります。CRMとは顧客と企業の関係を良好にするために、どのような要件が必要かを情報分析によって導き出します。それが明確になれば、その関係を維持すること、新規顧客に展開することで効率よく運用することができます。

営業活動を効率化できるので人数をかけられないような企業には有効です。マーケティングの確度も測ることができるので、あまり多くの費用を使えないようなら。このようなツールで無駄のないマーケティングを行うことができればコストパフォーマンスを上げることができます。