経営者にとって大切なことに、製造された商品がどのような客層に買ってもらえているかということを調べることがあります。そのようなことから、顧客についての情報管理を行うことは大変重要です。このような顧客管理については、昔から長い期間にわたり行われてきているのですが、さらに顧客の住所や電話番号などの個人情報を収集するだけでは不十分です。商品の購買に関わるような、単なる個人情報ではない顧客と企業間に関わる様な情報も必要となってきます。

そのような際に行われるのが、単なる個人情報のみではなく顧客の好みはこれまでの状況について情報収集を行うCRMという方法です。CRMは、顧客と企業を結ぶ情報を上手に利用することにより製品の購買効率を上げることを目的としています。CRMを上手に活用することにより、これまでにない顧客との接し方というとものが生まれてきます。客層が好むような製品を、製造販売するということが可能となってくるわけです。

このことは、大手のインターネット通販サイトではよく使われている手法です。多くの場合このようなサイトでは会員制をとっており、そこで品物を買おうと思う際には会員登録しなければなりません。会員登録の際に、基本的な個人情報のみでなく、これまでどのようなことを経験したかということや申込者の好みに関する情報などについても収集を行うことになります。インターネット通販サイトでは、このような情報をもとに関係する商品の推奨を行うなどということで、売上実績をあげることが可能となってきます。

CRMのことならこちら