企業において営業活動は大変重要なものです。営業活動がなければ、新製品について顧客は知ることもなくせっかく作られた製品がユニでないばかりか利益も生み出しません。企業にとって利益は最も大切なものですので、営業活動というものは極めて重要となってきます。このような営業活動を行う際に大切になってくるのが、どのようにして顧客を確保するかということです。

限られた時間と予算の中で効果的な営業活動を行うためには、購入の可能性のある顧客に重点的に営業活動を行うということが大切だからです。もしこのようなことは、従来行われている製品購入者をリストにした顧客リストでは不十分です。そのようなことから、CRMという手法が多く用いられるようになってきました。CRMとは、顧客の購入履歴や自社サイトの閲覧履歴などに加え、顧客登録の際にアンケートを行うことによりどのようなものを好むかやどのようなことが行いたいかなどの意向調査を行います。

そのようなことをデータベース化することにより、新製品が出た際には購入の可能性が高い顧客に絞って営業活動を行い高い効果を期待します。またこれとは別の方法として、新製品を開発する際において顧客がどのようなものを好むかということをあらかじめ考慮するための資料としての活用ということも考えられます。CRMを活用することにより、従来の顧客ではできなかったような顧客と関係を構築することが可能になり、より綿密的で有機的な営業活動を行うことが可能になってきます。