SFAは最先端の営業支援ツールと言われることも多く、様々な情報を効果的に管理することができるとともに、これを必要に応じて参照することができるため、現在の商談に効果的に役立てることができるものとなっているのが特徴です。しかしそのためにはこれらの情報を適切に入力するとともに、共有する仕組みを確立することが重要であり、これらは全て利用する企業の運用管理にかかっているものとなっています。SFAは最近では導入するだけで営業成績を高めることができると言われるものが多く、導入直後から売り上げの向上に貢献することができると考えていることも少なくありません。様々な業務プロセスや営業手法の改善等が行えると考えているところも多いのですが、実際にはあくまでも情報の管理などを行うことが主流であり、業務プロセスの改善や営業手法の改善はその運用方法によって大きな影響を受けるものです。

導入の仕方によっては様々な無駄なプロセスが発生し、そのために営業活動を停滞させる要因となることも少なくありません。SFAの導入にあたっては、様々な運用管理が発生することも意識しておくことが重要です。この運用管理を適切に実現することによって、その効果を最大限に引き出すとともに、新たな効率的な業務プロセスを生み出すことにつながります。これらが適切に実現して初めて営業活動の効率を高め、成功する可能性を大きくするものであることを意識しておくことが大切です。

SFAのことならこちら