スタッフが営業活動に専念する時間が増えるほど案件を受注できる可能性が高まります。実際には多くの企業でスタッフが売上とは直接的な関係のない作業を行っており、生産性が低下しています。例えば顧客リストや見積書、日報・週報を作成するなど定型的な業務はSFAを使って自動化した方が効率的です。手作業で見積書を作成するには時間がかかりますが、SFAを使えば素早く作成して最適なタイミングで顧客に提示できます。

顧客の成約意欲が高まっているタイミングで見積書を提示すれば、案件を受注する可能性が高まります。定型的な業務を自動化すれば時間や労力に余裕が生まれ、テレアポや訪問商談のような重要業務に専念できます。テレアポのコール数や顧客のオフィス、店舗などを訪問する回数が増えるほど案件受注の可能性が高まります。SFAには定型的な業務を自動化する機能だけでなく行動管理機能も備えられています。

この機能を使えばテレアポのコール数や訪問数、商談の回数や成約率などが数値化されます。営業活動上の弱点が明確になるためより効果的な戦略を立てることができます。SFAを使えばスタッフの負担が大幅に軽減され営業活動に専念できるようになります。さらにこのシステムには顧客や案件など重要情報を一元的に管理する機能も備えられています。

情報をスタッフ間で共有するため電話やメールなどを使い相互に連絡を取り合う必要がなくなります。スタッフはシステムにアクセスして即座に状況を確認し顧客が求めるサービスを提供できます。