従来の営業といえば担当者個人の能力によって結果を引き出す例が多く、担当者の不在や退職で取引が滞り、困った経験がある人も多いのではないでしょうか。契約に至るまでに取引先と信頼関係を築き、互いの理解を深めるためにも営業活動は必要です。取引先にアプローチを行う上で担当者の人柄が影響することから属人性の高い業務となっており、可視化が難しい分野と言えるでしょう。そこで登場したSFAを上手に利用することで、営業活動の可視化を進めることができるのが魅力です。

多数の社員を抱える大規模な企業から地元で活躍する中小企業までさまざまな企業で導入されているSFAは、営業活動をサポートするツールとして知られており、日本はもとより海外でも活用されています。SFAの導入により営業プロセスの可視化とデータ化が行われ、属人性の高い仕事として認識されてきた営業業務も部門全体で受け持つことができるようになりました。取引先とのやり取りや情報を部門やチーム全体で共有することにより、たとえば担当者が休暇中であったり、他の案件で席を外していたりといった場合にもスムーズ対応することができます。情報の共有は取引先にとってもメリットがある方法でしょう。

担当者が変わったとしても取引の内容はすでに共有から周知されているため、最初からやり直す必要がありません。営業部門にとっては業務の可視化と共にコスト削減や社員の負担軽減ができるなど、多数のメリットがあるのがSFAです。