外部から見て状況などが確認しにくい営業活動において、SFAは頼もしいサポートツールになる存在です。営業活動は自社の担当社員と取引先のみで話が進むブラックボックスになりがちですが、SFAを入れることで可視化が進み、進捗などを把握しやすくなるメリットがあります。可視化によって情報の共有が簡単になれば、取引中に何らかのトラブルが発生した場合にも周囲がすぐにフォローすることができるでしょう。SFAによってはインターネット環境さえあればスマートフォンから素早くアクセスすることができるため、外出中の営業担当社員が連絡ツールを使って報告をし、フォローやアドバイスを求めることもできます。

また、SFAがデータを蓄積し、営業活動のプロセスを可視化すれば、現在担当していない社員が業務の引き継ぎを行う差にもスムーズに進めることができるようになるでしょう。従来の方法では取引先に対してせっかく獲得した契約プロセスなども、担当社員が異動したり退職したりといった変化があると引き継ぎができずに流出しがちでした。SFAのメリットの一つとしてプロセスの標準化が挙げられますが、取引先の情報や契約に至った成功事例などもすべてデータとして蓄積可能となっており、現在担当してない社員にも共有することができます。これによりすべての社員が営業担当者として活躍するチャンスを得られるなどの利点もあり、多数の企業で導入が進められています。