歯周病の原因について

歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれ、日本人が歯を失う原因の1位の病気です。
歯に付いた汚れに住み着いた菌が原因で起こり、菌が出す毒素によって、歯茎が腫れ、顎の骨が溶かされていきます。初めのうちは、歯茎が腫れるだけの症状で、歯肉炎、つまり歯茎の炎症という病名がつきます。

この段階で治療をすれば、腫れは治まり健康な歯茎に戻ります。

しかし、歯肉炎は歯茎が腫れているだけで他に症状はありません。

痛みもないので気づかない人が多く、次の段階に進んでしまいます。

歯肉炎は歯茎だけに症状がありましたが、次の段階である歯周炎は、歯茎だけでなく、歯を支えている骨にも症状が進んでいきます。



歯周病は、歯肉炎と歯周炎を合わせた言葉です。
歯周炎になると、歯茎の腫れはひどくなり、口臭や歯茎から膿が出ることもあります。
歯を支える骨が溶かされるので、しっかりしていた歯がグラグラして噛みにくくなります。
歯茎の位置が下がるために、若い頃より歯が伸びたような印象を持つ人もいます。

NAVERまとめ関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

歯周炎になると、治療をしても健康な状態に戻ることは困難です。


歯周病は気づきにくい病気ですが、できるだけ早く受診し、早く治療をすることが大切です。



原因となる歯の汚れをきれいにするために、自宅での歯磨きをきちんと行い、歯科医院を定期的に来院し、歯石を取る治療を受けると予防することができます。


歯周病は放置していても治ることはありません。


一生自分の歯で噛めるように、予防することが大切です。