将来寝たきりにならないために整形外科で早めの治療を

人の体は骨や関節そして神経や筋肉など運動器がすべて連携することで体を動かし、生活したり運動を行うことがスムーズにできるのであり、どこか一か所でも不具合が起きると行動がさまたげられたり、他の器官にも影響を与えて複数個所に不具合が出て来たりします。
体に異常個所がある場合には、早めに整形外科において対応を行うべきです。


年齢が若いほど治療後の修復が早く行われますが、高齢になってからだと難しく一定以上の回復が望めなくなり将来寝たきりになる可能性があるからです。



大掛かりな手術が必要になる場合もあるため、おかしいと感じたら検査を受けてみることが望ましく、ヘルニアや変形性関節炎、骨折や骨腫瘍そしてリウマチなど様々な病気の対応ができます。

足が不自由になり歩けなくなったり、体を動かせなくなることは生活の質を落とすだけでなく、体力が衰えやすく寿命を短くしてしまう場合もあります。

整形外科では手術ばかりするのではなく、内科的な治療で済む場合には薬や理学療法などを取り入れて改善を目指す治療を行ったりもしていますから、いつまでも不安を抱えず検査を受けて病状がはっきりすると安心もできますし、対応策が明確になって根治に近づきます。

運動器の障害により機能が低下しているのと似た状態になるのが、運動不足による機能の低下です。



整形外科ではこれらの違いを正確に判断し、運動不足の場合には回復させる指導も行ってもらえます。
誤った体の動かし方をすれば運動器に負担がかかり障害を起こすこともあるので、激しい運動ではなく負担のすくないことから行います。

4meeeが気になる方はこちらへご来訪下さい。