顧客関係管理という意味を持っているだけあって、CRMには顧客との関係性を良好にしてなおかつ売上を向上させる機能が満載です。まず基本機能として挙げられるのが、顧客ごとにデータを集約・管理する機能です。氏名・年齢や性別といった基本的な情報から、購入日や使った金額など実績・履歴や商品といったように幅広いデータを登録できます。これをCRM内の他の機能に連携させて、有益に活用することが可能です。

同じく他の機能と連携可能なものに、会員管理の機能が挙げられます。会員を一元管理して、問い合わせの手間や情報漏洩のリスクを削減するのが狙いです。加えてCRMのメール配信機能と連携させることで、販促活動はもちろん分析・マーケティングなど幅広く活用できます。配信機能は、単にメールを送信するだけでなく顧客を層ごとに分けて実施します。

また開封率の可視化、読まれる確率の高い時間帯など有益な情報をもたらしてくれるツールです。他にも件名や文章量など、成約・アクションに結びついたデータを基に的確に分析する機能も併用できます。問い合わせに関して、一括でまとめて管理できる機能も有用です。各個人の履歴が表示されるため対応が漏れたり、反対に重複したりといったリスクが回避できます。

さらには問い合わせの回数が多かった質問に関しては、ホームページに問い合わせと回答を掲載することにより、対応の手間そのものを削除できるといったメリットもあるでしょう。